• 欧米 サッカービジネス1
  • 欧米 サッカービジネス2

ビジネス化が進むサッカークラブ

イングランドで誕生したサッカーの歴史が古く、もはや世界中のファンにとっては生活の一部と言っても過言ではありません。

オリンピックやW杯のみならず、ヨーロッパ各国で様々な祭典が繰り広げられており、毎年世界中の人達が注目しています。そのためスポーツというよりもビジネスという側面が年々強くなっているのが現在の傾向です。

その例として挙げられるのが、有名選手の契約金の高さです。複数年契約の場合、数百億という額が契約に伴うことが多く、南米などではサッカー選手を目指す一つの原動力にもなっています。

それだけの額を払えるということは裏を返せば、クラブチームの資金力が潤沢であり、経営ノウハウを熟知していることです。

クラブチームは世界中でサッカーの人気を高める戦略を巧みに展開し、チケット代やスポンサー料、グッズ販売など全世界で収益を得ています。あらたなスポンサーでは、ブックメーカー会社が増加しています。特にプレミアリーグでは、約半数のクラブが、ユニフォームにブックメーカーのロゴを入れています。

破格の契約額を支払ってでも有名選手を獲得したい理由には、選手を活用してさらに利益を生むシステムを多くのクラブチームが構築しているからです。欧米のサッカークラブは、さらにビジネスかが進むでしょう。

サッカーボール